真庭市久世にあるイタリアの大衆的なピッツェリア「Bolsalino」に衝撃!

お盆なので家族とお墓参りに真庭の久世に行った。
お墓参りした後に、なにか食べようってことで嫁さんが噂を聞いたことがあるっていうピザ屋さんにいくことに。
場所はちょっとわかりづらいから Google mapとかで検索したほうがいいかも。 記事の最後に位置情報のボタンを設置しておきます。

スマホ検索で簡単に発見!入口の雰囲気はこんな感じ。

駐車場はお店の近くにあるので、お店の方に聞くといいです。
店内もお洒落で和と伊がコラボしたような素敵なデザインです。

ね? いい感じでしょ? んで席についてメニューを見てビックリ!

ちょ! 安すぎないか!?

伊織
これで経営は成り立つんか・・・・

このお店はオーダーをしてから前払いという仕組みだったので 前払いのタイミングでレジで

伊織
オーナーさんはどちらの方ですか?

出た! 興味本位(笑)
ただ、どういうハックをしているのか気になって仕方なかった。 立地とか色々考えても「大丈夫?」と思ってしまったのです。
そして、オーナーさんがご親切に名刺をくださり 色々お話を聞かせてもらって色々納得。小さなハックがいっぱい詰まった仕組みになっていました。
友人のヒトトゴハンの沼本くんも立ち上げに絡んでるということで 尚更のこと納得。まだ大きな宣伝などはせずにお客様を回せるように慣らし運転のような状態なのだとオーナーの金田さんはおっしゃっていました。
ドリンクとかの価格設定とかビックリしたわ(笑) あれは家族でピザ食べたいってなったら選択肢に絶対入る価格設定。
地方の飲食店は今のやり方は絶対に限界がきてる。 安くしろっていうんじゃなくて 時代に合わせた利益が出る仕組みづくりをしていかないとイタリアンってどんどん潰れていってるからね。
そういう意味でも このBorsalinoはサイゼリヤみたいな価格設定で面白いなーって思った。 今後 宣伝をするのか口コミ中心でやられるのかはわからないけど楽しみなお店だなと。
味は好みもあるから なんともだけど僕個人としては生地の味は凄くいい。チーズがもうすこし温度が下がっても美味しい工夫、もしくは温度が下がりづらい工夫がされてるともっといいかな~って感じだったかな。

ピザ窯

薪ではなくてチップタイプの窯で焼き上げる窯。
これもコストダウンの一役を担っているらしい。
オーナーさんの金田さんは真庭の方で、他にも色々な取り組みや活動をされているらしくパワフルな感じの人でした。 世代的に僕らくらいかな?
またチャンスがあれば色々お話を聞いてみようっと・・・(笑)