USJに行ってみて、ユニバーサルもディズニーもいずれ潰れるなと感じた。

タイトルが煽りっぽいけど、まじで感じたので。
USJに行ってみた感じたことなんだけど、20年後にこういうのって無いだろうなってこと。
『60分待ち』とか『130分待ち』とかの表示を見るたびに ハーーーーってなるんだけど、俺ら世代は待つって感覚がまだ残ってるからいいけど、子供らの世代ってもう待つとかって無いんだよね。コンテンツにアクセスするのに待つってこと自体がナンセンスというか感覚外のことなわけで。
それだけだとUSJが無くなるにはならないけど、ハードウェアの進化で体験、そして体験の共有がああいう場所じゃなくてもできるようになる。
リビングでみんなでジェットコースターに乗れる時代になるわけで、10年もしたら十分可能なこと。下手したら5年だよね。
んで ユニバーサル・スタジオやディズニーが無くなるかっていうと 実はそうは思って無くて ユニバーサル・スタジオやディズニーはインターネットの中に存在する世界になりそうだなと思った。

ディズニーが低迷してるというか売上が伸びてなくて USJが伸びてるってことみたいけど これはUSJのコンテンツ力に軍配が上がっちゃうのかもね。シーズンイベントもしっかりあるし 年パスも売れそうだもんね。あとはハロウィンに行ったらしっかりホラー体験もさせてもらえるしよくできてた。

ま、よくあるUSJな感想で、すいません。 
USJ in インターネットになったら 並ばずに色々楽しみたい派です。