評価されたいなら○○しかない

IMG_1694

こんにちは! 桂です。
突然、この顔でブログが始まるとビックリするでしょ? 今日、子供たちが小さいときの動画を見返してたんです。そしたら、俺ってやっぱり前からクズだったんだなって思える素敵な動画を発見しました。

動画は長いので、記事の最後に貼り付けておきます。

今日は評価について

僕は美容師をやめてから 今に至るまで地獄のような日々を送ってきました。本当です。今でも、傍から見ている以上に地獄ですが・・。
格好つけてただけで、恐ろしいほどお金がなかった。 車売り飛ばして、それでもダメなら家を取られるっていうレベルのところまで追い詰められたこともあります。
それでも踏ん張った。考え方を大きく変えなければ乗り切ることができなかった。乗り切れてるのか・・・まだ怪しいところです(笑)

求めるものが変わった
求めるものが大きく変わりました。 元々求めていたものがあったのかどうかすらわかりませんが・・・改めて『結果』と『数字』を求めるようになりました。
まぁ、どちらも同義ですね。 数字こそ結果だったんです。。そして、結果は数字になって現れました。

俺流PDCA
朝令暮改って言葉がありますが、僕は柔道をしてたころ1分反省というのを意識してやってました。1分以内でPDCA【Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)】をやるっていうのを意識してたんです。柔道ではそれが結果に本当に結びついてた。中学柔道は3分だったので1分試合して反省(PDCA)を回して最後の1分で強くなるっていうのを意識してたんですよ。これまじで。僕は身体で覚えるタイプじゃなくて考えて練習したり試合したりするほうだったので、このやり方は柔道のときに確立してたように思います。後に美容師の修行とかでも 自力でカット覚えるのに役に立ちましたし、あらゆる場面で意識しているんで役立っているように思います。

意識を変える
美容師をやめて苦しんでからというもの大きく意識を変えたのは、数字をきちんと追いかけるということです。そして、結果を出す。自分で自分を褒めるとかじゃなくて、誰から見ても結果らしい結果を出す。そして、それを継続していくというのを意識していました。 数字から逃げる言い訳はいくらでもあります。
『オンリーワンになれたらいい』『お金だけがすべてじゃない』『そういうのを目指して無い』など言い訳はいくらでも思いつきます。
楽することに慣れると楽中毒になるんです。煙草といっしょで楽中毒は辞めれないんです。辞めようとすると楽の誘惑がさっきのような言葉で自分を襲ってきます。
それを断ち切らないと何も変わらなかった。 僕にとっては地獄のような2年だった。毎晩3時とかまでECサイト用の商品デザインやページを作りながら、Temitaも作っていた。なんとか結果を出すために目標にしている数字を月次で追いかけ続けました。 数字から逃げなくなったのはこの時からだったと思います。

IMG_2019

お金を稼ぐことが全て
お金を稼ぐことが全てです。 これは本当です。 お金を稼げるってどういうこと? お客さんを満足させれてるってことです。ようするにオンリーワンになれてるんです。だからこそ稼がないとだめだし、稼ぐための努力をしないとダメです。売上が落ちてるってことはお客様を満足させれてないってことなんですよね。そして、それを誤魔化す言い訳もあるのでしょう・・・。私もそうでしたからよ~くわかります。けどお金から逃げることはお客さんや愛する仕事から逃げることです。稼ごうとすることがお客様への一番の恩返しになるってことを意識していたいものです。

どうすればいいか?
まず、目標を立てましょう。数字でです。売上でもいい、お客様の数でもいいし、売った個数でもいい。WebサイトならPVでもいいし、Facebookページのいいね数でもいい。数字で見える化されたものを目標にしてください。『お客様が喜んでくれること』みたいなどっちにでも逃げれる目標は卑怯者のやることです。楽中毒の目標です。
数字が全てです。数字を追いかけてください。 僕の会社でもそうです。 僕がスタッフを評価するのも数字のみです。 がんばってる姿勢や笑顔は人間としては評価しますが、仕事としては一切評価しません。 数字を右肩上がりに上げていくことだけが評価基準です。 それを俺に突きつけるのがスタッフの仕事です。僕の仕事はその数字をきちんと評価することだと思っています。 

最後になりますが・・・

偉そうなことをツラツラと書いていますが、自戒を込めて書いております。僕自身はまだまだ結果が足りない。数字が足りない。お金が足りません。もっともっと稼いで、社会から評価されて、評価されたからこそ出会える人たちとの出会いの胸をときめかせたいです。 稼ぐということは、そういうことだと思ってます。まだまだ、面白い人に出会いたい。面白いことがやりたい。それにはもっと稼げるようにならないとダメなので さらに数字を追いかけて行こうと思います。

fasdfafa

最後の最後に動画

くだらない話が長くなったので俺のクズ動画をご覧ください。
子供たちは天使のように可愛いです。