息子、パソコン教室の発表会でプレゼンする

息子のプレゼン

もったいぶる程のものでもないので最初に貼りました。
親が見ると嬉しい動画ですが、他人だと「へ~」ってな動画です。
レプタイルさんという地元のWeb製作・コンサルティング会社さんが開催しているPC教室に息子を週一で通わせています。
ありがたいことにレプタイルという会社は本当に面白い会社でして、習い事とはなんたるかをきちんと理解されている。
習い事とは子の知識より親の体験なんですね。 親が子供の成長を感じれたりする体験の提供こそが習い事のすべてだと思うわけです。
そういう意味で、今日のようなプレゼン大会やお祭りみたいなのを企画されるっていうのは本当に頭がいいというか考えられてるなと思うわけです。

息子のプレゼン内容

うちの息子のプレゼン内容はご覧のとおりでしで、大きくなったら俺を手伝うということでした。
うちは比較的普段から会話も多くコミュニケーションも多いので、感動するって感じではなかったけど成長を感じれたのは素直に嬉しかったです。うちでは息子にけっこう多めのタスクを課しております。まぁ余裕でこなしていますが、何かに本気になったらすべてのタスクを排除していいとは伝えてます。本気になれるものが見つかったらソレ以外のすべてを明日から辞めさせてそれだけをやらせてやると言ってます。願わくはパソコンでそうなってほしいですが、彼が何に本気になるかは私にはまだわかりません。
彼のプレゼンで作っていたプログラムがお金が無限に出てくる箱みたいなプログラムだったので、いつかお金をしっかり稼いでくれるものだと思ってます。

asdfasdfaaa

追記
白石さんとちょっとだけ会った。 元気そうな姿を見れてほっとした。
早く元気になって、戻ってきてください。
ただ、戻ったらすこしペースを落として、スタッフに色々任せて楽しいことだけやってほしいかな。