九州からウォールステッカーの勉強に来た二人

わたしを以前から知ってる人は、ご存知かと思いますがわたしはUediの他に個人事業としてハングリーステッカーというウォールステッカー屋をやってます。

先日、そこに一本の電話が。
「ウォールステッカーについて、ちょっと教えてください」
電話越しに簡単に説明。

「実は僕、友達とウォールステッカー屋をやりたいんです」
ほ・・ほぅ・・

「一度、会いに行かせてもらってもいいでしょうか?」
え? どこから?
「福岡です」
まじか・・・

それでも彼らは会いにきました。
実際会うと本当に気持ちのいい二人でした。28歳と21歳。これまでの仕事はなんと夜のお仕事。まぁ水商売ってやつですね。そこから心機一転ウォールステッカー屋になりたいって(笑) 自分で買ったのがきっかけで二人でやってみようってなったらしい。
難しさも良さも伝えて、僕なりに仕事のアドバイスも若干だけしてすっかり打ち解けて帰っていきました。

すげぇ大切なこと

人生において大切なのは『出会い』です。良くも悪くも人を変えてしまう力があります。
そして、どんな人に出会うかは自分で選べる。彼らは夜の世界で出会う人達に疲れたと言っていました。
そして、選択をして遠い岡山の謎の男に会いにくるという選択をしました。
僕が彼らを変える力があったかどうかはわかりませんが、彼らは自分たちで人生を変えようと選択したのだと思うんです。こういう選択ができる人ってカッコイイなと。
「このままじゃ未来でダメになってる気がしてたんで、何か始めたい」
いや・・・偉いよ。成功するかどうかはわからないけど 自ら動いて切り開いてお金を生み出そうとしてる。

 

個人的には彼らがウォールステッカーで成功するかどうかはわからないと思ってます。
可能性は低いと断言できます。あまり景気のいい世界でもないしマーケット小さいですしね。
ただ、彼らは絶対に何かしらでチャンスを掴むでしょう。そういうアクションを起こせてるからね。

僕のしたアドバイスが何かって?
「自分でビジネスしたいなら 二兎でも三兎でも追う。けど、それぞれ100%でやること。50-50,30-30-40じゃだめ。100-100-100で成功を掴みとってください」
これだけ伝えました。 僕もなかなか難しいことだけど彼らはなんとなくやってくれそうな予感。

最後に僕がお願いしたことは
『いつか九州に僕を招待して、福岡の大人の遊びを教えてちょうだいね』
僕のウォールステッカー屋のノウハウ講師料はこれにしました。

あ、これお土産もらいました。

Slack for iOS Upload